湘南日独協会会報 Der Wind

 VOL.23 NO.3 通巻 133
 発行 2021.09.12
 更新 2021.09.14

   

 連絡先

 TEL: 0466-26-3028
 FAX: 0466-27-5091
 Mail:
 jdgshonan.official@gmail.com
   

 ご案内

 湘南アカデミアの地図
 〒251-0025
 藤沢市鵠沼石上1-1-1
  江ノ電第2ビル7F
   
松野義明会長のご逝去を悼み
   心よりご冥福をお祈り申し上げます

ドイツ文化を愛した松野義明会長を偲んで  

湘南日独協会 副会長 大久保 明

松野義明会長が8月17日膵臓癌で逝去され、22日葬儀告別式が執り行われました。 89歳の誕生日を迎えられてのお別れでした。 松野会長は1998年創立の湘南日独協会の発起人のお一人として、故岩崎英二郎初代会長を支え、 2015年織田正雄会長の後任として、会長に就任されました。 2018年には湘南日独協会創立20周年、混声合唱団アムゼルの創立15周年を迎えました。 これを記念しての鎌倉芸術館でのアムゼル合唱団とヴァイオリンの松野美智子様演奏による音楽会を、 さらには、日本民俗学のヨーゼフ・クライナー先生をはじめ著名な方々を迎えての、 日独文化講演会、湘南にお住いのドイツ人の皆さんとの座談会、 ワインを楽しむ会などを成功裏に導きました。 一方湘南日独協会の創立直後に開始しました「ドイツ語講座」を充実させ、 ドイツ語普及とドイツ文化の楽しみを拡げることに特に力を注がれました。 これらは、現在のコロナ感染の状況等に鑑み、一部休止している会もありますが、 ドイツ文学を原書で読む「読書会」、「ドイツ人の皆さんとおしゃべりの会(SAS)」「ドイツの歌を歌う会(SWZ)」となっています。

松野会長は、ドイツ語を中学生時代に始めたようですが、若くしてウイーンに学び、 物理学者として専門の原子力分野では、日本のみならず、 ドイツ、オーストリア、ロシアと関わり合いを広く持ち活躍され、 会長へ就任後も度々ご出張もされておりました。 この原子炉の分野においての功績に対しドイツ政府より「ドイツ連邦共和国功労勲章」を授与されております。 このドイツ、オーストリアとの関係は、松野会長の古くからのご友人であるクライナー先生より届きました 追悼のご寄稿をこの後に掲載しておりますので、お読みいただきたいと思います。

このような大変多忙な中で、湘南日独協会の活動に対してもエネルギッシュに、 何事にも真剣に取り組まれ、言葉としてのドイツ語に関しても専門の先生方にも一目置かれておられました。 若き日に覚えたドイツ歌曲はしっかり歌詞を記憶、時に口ずさみ、若さ溢れるご指導を頂きました。 奥様はヴァイオリンニストで、ご自分は地元鎌倉のオーケストラでチェロを弾き、 愛犬と七里ヶ浜の散歩を楽しむ日々を送っておられました。 近年は特にドイツ文学を原書で読み楽しむ「読書会」へ力を注いで下さいました、 また多くの蔵書を湘南日独協会へご寄贈頂いております。

私たちはこの突然のご逝去に戸惑っておりますが、 私たちに託された思いをしっかりと受け止め、現在は新型コロナ感染の勢いが止まらず、 我々の活動も停滞気味の状況ではありますが、早期に皆さんと新たなる出発をしたいと願っています。


追悼 我が友 松野義明氏の思い出

名誉会員 ヨーゼフ・クライナー

Erinnerungen an einen Freund
In Gedenken an Matsuno Yoshiaki


Matsuno Yoshiaki war mein Lehrer-sensei, mein Mentor, vor allem aber mein bester Freund. Zum ersten Mal habe ich ihn im Herbst des Jahres 1958 getroffen, im Institut fur Völkerkunde der Universität Wien, damals im zweiten Obergeschoß der Spanischen Reitschule in der Hofburg. Ich nahm am ersten Tag meiner Studienzeit an einer Einfuhrung in das Studium teil und saß zufällig neben einem Japaner, Professor Anzai 安斎伸 von der Sophia-Universität (上智大学), mit dem ich mich unterhielt. Am Tag darauf gab es noch eine Vorbesprechung für die wenigen Studenten der Studienrichtung „Japanologie“, und wieder sah ich da einen Japaner, den ich für Anzai-san hielt, obwohl er völlig anders aussah - was ich aber damals nicht merkte. Ich begrüßte ihn freudig, aber er fertigte mich kurz ab, in akzentfreiem Deutsch und klarer Grammatik: „Leider kenne ich Sie nicht, Sie müssen mich mit jemandem verwechseln!“ Das war Matsuno Yoshiaki, vor wenigen Tagen als erster Austauschstudent zwischen Japan und Österreich in Wien eingetroffen. Er studierte Nuklearphysik an der Universität und Technischen Hochschule, vor allem am Versuchsreaktor in Seibersdorf.

Unser Kontakt vertiefte sich, als er im Jahr darauf vom Leiter der Japan-Abteilung des Instituts, Professor Slawik, als Lehrbeauftragter für Japanische Sprache unseren Unterricht übernahm und sofort gründlich reformierte. Wir lasen Akutagawa und übersetzten Takuboku. Er war ein strenger Lehrer, konnte aber begeistern, und ich lernte sehr viel von ihm. Konversation übten wir vor allem auf den Ausflügen mit den japanischen Musikstudierenden in den Wienerwald. Der Sprachunterricht hat ihn sein ganzes Leben lang nicht losgelassen. Bis ins hohe Alter hinein hat er samstags mit großem Engagement Deutschunterricht gegeben, und wer daran teilgenommen hat, hat dabei mehr als nur trockene Grammatik gehört. In seine Freundschaft mit dem großen Germanisten Professor Iwasaki Eijiro 岩崎英二郎 hat er mich in Kamakura sofort miteingeschlossen.

Leider ging diese Zeit für mich zu rasch zu Ende, denn schon 1961 wurde ich als Austauschstudent nach Tokyo ausgewahlt, und Matsuno-sensei hat mich seinen Eltern als Untermieter in der Familie empfohlen. Sein Vater, Professor fur Philosophie und Ethik an der Veterinärhochschule Azabu 麻布獣医大学, holte mich im Hafen von Yokohama ab mit Matsunos jüngeren Brüdern Hiroshi und Takashi. Schon am ersten Tag zeigte sich, wo Matsuno-senseis Unterricht doch Lücken hatte. Ich wurde ins Bad gebeten und habe danach fein säuberlich das Wasser ausgelassen und das Bad ausgewischt, und wunderte mich, daß Vater Matsuno schon vor dem Bad wartete mit dem Badetuch in der Hand. Beim Frühstück am nächsten Tag fand ich einen kleinen Brief auf meinem Platz : 「日本のお風呂の使い方」. Ich habe in meinem Unterricht nie versäumt, einige Stunden der Einführung in das Alltagsleben zu geben und von meinen Erfahrungen zu erzählen.

Die zweieinhalb Jahre bei Familie Matsuno, als jüngster in den Kreis der Brüder aufgenommen, haben mir fur mein Leben viel bedeutet. Aus Matsuno-sensei wurde langsam Matsuno-san, und ich begann ihn zu verstehen. Von seinen Eltern hatte er die Lebensfreude, die Offenheit für die Welt, das verständnisvolle Eingehen auf die Sorgen der Menschen um ihn, vom Vater besonders die Fähigkeit der scharfen Analyse. Die Brüder gaben ihm (und mir) die Freude an der Diskussion und die Achtung vor der Meinung anderer. All das hat auch sein Studium an der Tokyo-Universität und den anschließenden beruflichen Werdegang Matsuno-sans geprägt.

Die Fragen der Energieversorgung Japans angesichts der wirtschaftlichen Probleme und des drängenden Schutzes der Umwelt haben Matsuno-san nie losgelassen. Für ihn war das Entscheidende die Reaktorsicherheit, vor allem die des Schnellen Bruters (Monju), den er als entscheidenden Faktor für die Lösung der Zukunftsprobleme ansah. Auf diesem Gebiet engagierte er sich mit allen seinen Kräften, vor allem in Zusammenarbeit mit Deutschland. Die Bundesrepublik Deutschland hat ihn für seine Verdienste auf diesem Forschungsgebiet mit einem hohen Orden (Bundesverdienstkreuz) ausgezeichnet. Für mich bedeuteten seine Dienstreisen an das Forschungszentrum Jülich bei Köln oder an das damalige Institut für Reaktorsicherheit in Karlsruhe Gelegenheit zu den seit meiner Berufung von Wien an die Universität Bonn seltener gewordenen Zusammentreffen mit ihm. Er machte stets einen Abstecher in das etwas abseits gelegene Bonn. Die Gespräche mit ihm auf dem abendlichen Marktplatz brachten ihn mir noch näher. Aus Matsuno-san wurde allmählich Yoshiaki-san. Beeindruckt wurde ich immer mehr von seiner Musikalität. Es faszinierte mich, daß gerade Naturwissenschaftler wie er sehr oft ein Instrument spielen, während in den Geisteswissenschaften so etwas selten vorkommt. Yoshiaki-san hatte schon in Wien bei mir zu Hause am Klavier gespielt, mit meiner Mutter getanzt (beides konnte und tat ich nicht). Nun erzählte er mir oft von seinen Konzerten mit dem Kamakura-Orchester, wo er Cello spielte. Ich bin ihm und seiner Geige spielenden Frau Michiko noch immer dankbar, daß sie sich nach der Auflösung des Haushaltes meiner Mutter des ganzen Berges von Musiknoten übernahmen, ihn ordneten und dann an eine Musikhochschule in Tokyo übergaben.

Als ich 1988 die Aufgabe übernahm, für die Bundesrepublik ein Deutsches Institut fur Japanstudien ドイツ日本研究所 in Tokyo aufzubauen, unterstutzte mich Freund Yoshiaki ganz außerordentlich auf den mir fernliegenden Gebieten der Technik und Naturwissenschaften, um ein Netzwerk von japanischen Wissenschaftlern mit unseren deutschen (und später aus ganz Europa kommenden) Mitarbeitern in Kontakt zu bringen. Zuletzt, als ich nach meiner Emeritierung in Bonn noch für einige Jahre als 特任教授 an die Hosei-Universität 法政大学 ging, war Yoshiaki-san immer ein interessierter Gast und Zuhörer bei unseren Symposien auf den Gebieten der Wissenschaftsgeschichte von Volks- und Völkerkunde in Japan. Nicht selten hat er mich daraufhin zu Vorträgen in der Japanisch-Deutschen Gesellschaft in Shonan 湘南日独協会 eingeladen. In dieser schwierigen Zeit half mir sein Heim in Kamakura, manchmal auch eine kleine gemütliche Kneipe 炉端焼き in Shimbashi, in langen Unterhaltungen viele persönliche Anliegen vor ihm auszubreiten. Er hat immer verstanden, mir neuen Mut zu geben, und mit Rat und Tat geholfen. Noch heute, wenn sich das Smartphon meldet, glaube ich seine Stimme zu hören : „Servus. Na, wie geht's, was machst Du?“ Aber das Telephon schweigt. Nur die Erinnerung bleibt uns allen an einen strengen Lehrer, helfenden Mentor und guten Freund.

Josef Kreiner
(emer.Prof.Univ.Bonn)


日本語訳 追悼 我が友 松野義明氏の思い出

名誉会員 ヨーゼフ・クライナー

松野義明氏は私の先生、助言者そして何よりも私の最高の友でありました。 初めて彼に会ったのは1958年の秋、ウィーン大学民俗学研究所、当時そこは王宮のスペイン乗馬学校の3階でした。 私は研究生活を開始する初日の説明会に参加し、偶然にも上智大学の安西伸教授の傍に座り彼と話をしました。 翌日、もう一つの「日本学」に方向を持つ少人数の学生の為の説明会があり、そこで再び一人の日本人に出会い、 顔はまったく違って見えていたのですが、彼を私は安西教授と思い、違う人だとはその時は気が付きませんでした。 私は喜んで彼に挨拶をしましたが、彼はそっけなく応じました。 訛りの無いドイツ語で文法もまったく正しく「残念だが貴方は存じ上げない、あなたは私を何方かと間違えているに違いない」と。 それが松野義明でした。彼は数日前に日本とオーストリアの交換留学生の最初の学生として、ウィーンに到着していたのです。 彼は原子物理学をウィーン大学とウィーン工科大学、なかでもザイバースドルフにある研究用実験原子炉で学んでいました。

私たちの付き合いは、その翌年、彼が私たちの研究所の日本部門長のスラヴィック教授の依頼を受け、 私たちの日本語授業の講師に就任し早速基本的な改革を行った時に深まりました。 私たちは芥川龍之介を読み石川啄木を翻訳しました。 彼は厳しい先生であったが魅力的で、彼から大変多くのことを学びました。 会話は取分け日本人音楽留学生とウィーンの森へ出かけて実習をしました。 彼は言葉についての講義は生涯放棄することはありませんでした。

高齢になるまで土曜日には大きな使命感を以てドイツ語教室へ講師として出かけ、 そこでは受講生は単に無味乾燥な文法だけでなく、それ以上のことを聞いています。 偉大なるドイツ語学者岩崎英二郎氏先生との交友関係に、私を鎌倉でほどなく招き入れてくれました。

(前に述べている彼とのこのようなウィーンでの)時間は私にとって、あっという間に過ぎました。
というのは1961年私は東京への交換留学生に選ばれ、 松野先生は私を先生のご両親の家へ下宿することを勧めてくれました。 彼の父、麻布獣医大学の哲学と倫理学の教授が、 松野先生の弟の裕志さんと昂士さんと一緒に横浜港で出迎えてくれました。 最初の日、松野先生が教えるのを忘れていたことが、起きました。 私はお風呂を勧められ、入浴した後にお風呂の水を流し、綺麗に拭きました。 驚いたことに先生のお父様がもうすでに、お風呂の前でタオルを持って待っていたのです。 翌日の朝食の時に私の席に小さなメモを見つけました。 「日本のお風呂の使い方」でした。 私は私の講義では、日常生活についての説明をすることと私のこの経験を話すことの時間を持つことを決して忘れないようにしています。

私は一番若い兄弟仲間として受け入れて頂いた松野家での2年半は、私の生涯に大きな意味をもたらしました。 松野先生からだんだん松野さんとなり、私は彼を理解し始めました。 彼は彼の両親から、生きている喜び、世間に対して解放的でいること、 自分の周りにいる人々の自分にかけてくれる心配に対して大きな理解力を持って臨む姿勢、 特に父親からは鋭い分析力を継いでいました。 兄弟たちは、彼に(私に対しても)議論する楽しみや異なる意見の尊重を教えてくれました。 これら全部が松野さんの東大での研究そして結果的には職業としてのキャリアの形成に影響を与えました。 松野さんは経済的観点および急がなければならぬ環境保護からの日本のエネルギー供給問題を決して投げ出しませんでした。 彼にとって、原子炉の安全性、なかんずく、将来の問題解決のために、決定的なファクターとして高速増殖炉(文殊)の安全性を考えていました。 彼はこの分野に全力で携わり、中でもドイツとの共同研究に尽くしました。 ドイツ連邦共和国は彼の功績に対し高位の勲章「ドイツ連邦共和国功労勲章」を授与し称えました。 私にとって、ケルン近くにあるユーリッヒの研究センターや、 当時カールスルーへにあった原子炉安全研究所への彼の出張は、 私がウィーンからボン大学へ招聘されてから会うことのまれになっていた二人が会う良い機会になりました。 彼はいつもボンに寄ってくれました。夕方のマルクト広場でのおしゃべりは彼を私にもっと親密にしました。

松野さんから次第に義明さんになりました。私は彼の音楽性にいつもさらに強い印象を受けました。 人文学者にはめったに起きることではないが、 彼のような自然科学者がまさにしばしば楽器を演奏するということが私を魅了しました。 義明さんはかつてウィーンの私の家でピアノを演奏し、 私の母とダンスをしていました(私は両方とも出来ないししたこともない)。 そういえば、チェロで参加している鎌倉オーケストラの演奏会について私にしばしば語りました。 私は彼と彼の奥様のヴァイオリン演奏家の美智子様は私の母が遺した山のような楽譜を東京の音楽学校へ贈呈してくれました。 お二人には今も感謝しております。

1988年私がドイツのために日本研究所を東京に開設する使命を受けた時、 彼は私とっては遠い領域である技術と自然科学分野において、 日本の科学者とドイツ人とのネットワーク(のちにヨーロッパ全体の)を確立し、 共同研究が出来るよう並々ならぬ援助をしてくれました。

最後になりますが、私がボン大学を定年退職した後、しばらく法政大学で特任教授をしていた時には、 義明さんはいつも日本における民俗学シンポジウムでは好奇心に溢れた客であり聴講生でした。 湘南日独協会での講演にもしばしば招いて頂きました。

何か困難にあった時、鎌倉のご自宅で時には新橋の気持ちの良い小さな炉端焼の店で 長いこと個人的な悩みに熱心に耳を傾けてくれました。彼はいつも理解し、 私に新しい勇気を与えてくれ忠告とそして助けを差し伸べてくれました。

今日でもまだスマートフォンが鳴るとこのように彼の声が聞こえると信じているのです: やあ!元気か?どうしてる? しかし、電話は黙っている。ただ思い出だけが我々皆に残されているのです、 厳しい先生、助けてくれる助言者、そしてとっても良い友人であった、との。

(訳文責:大久保明)


2018年の記念講演会でのクライナー先生


2018年11月発行Der Wind 松野会長寄稿文掲載写真
後列、左から松野さん、右クライナーさん(当時18歳)
前列右クライナーさんのご母堂


追悼


在りし日の松野義明会長

感謝と涙の中で

湘南日独協会 会員 宇多 綾子

松野さんは、毎週土曜日午前9時40分、江ノ電七里ヶ浜の駅から藤沢に向かい、 ドイツ語講座の教室のあるミナパーク迄歩いて行きました。やや危なげな足取りで、、、。 思えば、今から50年も前、 松野さんがチェロを抱えて鎌倉交響楽団に入団していらした時が長いお付き合いの始まりでした。 コンミスの奥様共々にオーケストラ活動を長年楽しみました。 アマデウス合唱団がヨーロッパ演奏旅行を実現させ、夢の様な経験を味わえたのも松野さんのご尽力のお陰でした。

ドイツ語では、ヘッセやカフカの短編集を教材に、原語で読む楽しみを教えてくださいました。 また、ドイツ語の WITZ をいくつか読んだ時、日本語に訳しても全然笑えず、そのことがおかしくて、 クラスで大笑いしました。何故笑えないのか?冗談がわかるには、その背景、つまりその生活慣習、 更には歴史や政治経済に至るまでもわかっていないと、本当に理解することは出来ないんだ、、、 というようなことをその都度丁寧に説明してくださいました。いつも楽しい授業でした。 もっと、もっと色々教えていただきたかったのに!、、


思いだすこと

湘南日独協会 会員 八尾 とし子

私自身は学生時代ドイツ語の勉強に不熱心でろくな学生ではありませんでしたが、 教授はとても立派な方でした。偶々松野会長とのおしゃべりの中でその教授が、 実は会長のお父様の親友であったと伺い不思議なご縁を感じました。 そのお蔭でしょうか、劣等生の私にも親しく接して下さり有難いことでした。 東京のドイツ大使館へご一緒する機会を頂いたのも懐かしい思い出です。 混雑する庭園での食事は早々に諦めて近くのお店でラーメンを食べたのが松野会長の飾らないお人柄に 触れたようで何だかとてもほっこり致しました。 あの温かい笑顔と優しい語り口との突然のお別れは寂しい限りです。 今までのご親切に深く感謝し、心よりご冥福をお祈りいたします。


旅立ちぬ

湘南日独協会 会員 高橋 愉紀

あまりにも突然のお別れでした。 人はあの世への旅立ちを、無意識のうちに演出している―――という話を聞いた事があります。

今までの人生の締めくくりとして、その人らしいあの世への旅立ちがあるように思えます。 松野先生は、誰の心にも負担をかけず、さっと旅立たれてしまわれました。お見事です。かっこ良いです!

日本人の男性としては、珍しくフェミニストで、ダンディーで、 周りの人を包み込む人間愛にあふれていらっしゃいました。 些細な事にも興味を持ち、「年とともに、好奇心はどんどん増えていくのだよ、 これを満足させないうちは、死ねないよ」と、つい3ヵ月ほど前のメールにも書いていらしたのに、 本当に、哀しいほど潔良いです!もっともっと色々なお話しをしたかったのです。
今まで私を支えて頂き、本当にありがとうございました。


松野先生のご逝去に際して

湘南日独協会 会員 藤野 満

初めて先生にお会いしたのは、8年前のドイツ語入門講座でした。 松野先生が素晴らしいのは、単純にドイツ語のみを取り上げるのではなく、時には英語やフランス語、 イタリア語やロシア語まで引用、ウイーン留学志望の女子学生には、 ウイーンの音楽の話まで幅広く話題にされ、たいへん楽しい授業に感動しました。 先生は文学のほか、あらゆるジャンルについて造詣が深く、将来は文学の道へ進むつもりでいましたが、 なぜか物理に行ってしまいましたと、物理学を修めながらも文学に明るく「まさに昭和の寺田寅彦ですね」と、 お話したものでした。原書講読をされると聞いて初心者ながらお会いするのが楽しみで出席しました。 コロナ怖さでここ数回行けないでおりましたら、体調を崩された、とのお知らせあり、 あのお元気な先生が珍しい、一体どうしたのだろうと思っていましたら、 突然の訃報に、驚き深い悲しみにくれた次第です。 ゲーテは「西東詩集」のなかで「天国は情を知る人のためにある。 愛することを知らぬ者は地獄におとされる」と述べているとか、天国で岩崎先生や宮下先生にお会いされ 「天国日独協会」設立を提案、皆様との再会を心待ちにされていることに違いありません。合掌。


ありがとうございました

湘南日独協会 会員 伊藤 志津子

松野義明先生には20年来ずっとお世話になるばかりでした。 急なお別れになって、お礼もしっかりと申し上げることができなかったのは悲しいです。 病気と伺ってもまだ松野先生には何か奇跡が起こるような気がして、この先講演会もと期待していました。 松野先生に紹介されて繋がり、私の大切な友人になった人が何人もいます。感謝します。 人間関係で行き詰った時、相手の「良いところ」を見て引き出すと上手くいく、 こういう前向きの姿勢も私が松野先生から学んだことの一つです。

ありがとうございました。心から御礼申し上げます。


尊敬すべき先輩

湘南日独協会 会員 高橋 善彦

松野さんとは鎌倉交響楽団の時代から、随分長いお付き合いです。 私にとっては、目指すべき先輩であり、楽しい時間を共有できる大切な友人です。 一緒にドイツ、オーストリアに出掛けるようになって、教会のオルガンをミサに参加して聴くという私の趣味に、 松野さんは興味津々でお付き合い頂き、訪れたどの街にも楽しい笑顔の思い出が残っています。

パソコンのヘルプでお宅に伺うと、嬉しそうな顔の後ろに新しい道具が揃っていることはよくあります。 新しいことへの好奇心は旺盛で、掘り下げることに妥協はありません。 そして、人の為に役立つことが原動力で、人の範囲を拡げることが大切なのだと、 言葉ではなく具体的な課題で示唆され、私は気付かされていたと感じています。 松野さんは人の為に自分に労を課すことを体現されていた、尊敬すべき先輩でした。

ドナウ川沿いの古い街に修道院を巡る旅のプランは、コロナの影響で行くことが出来ていないのが残念です。 甚だ心細いのですが、いつか訪れて報告します。
謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。


誄ー松野会長を偲んで

湘南日独協会 会員 中村 茂子

10年前の冬、ドイツ語学習を思い立った私はネット検索で自宅に近い 藤沢の湘南日独協会ドイツ語講座を見つけ、試みにメールをしました。 「全く初めてですが」とことわった上で、いつから受講できるか、との問に、 即座に「松野義明」という人から返信。「いつからでもご参加いたただけます。 ちょうど、うちに教科書が一冊あるのでお送りします。」 日をおかず、馴染のないドイツ語教科書が届きました。 当時、ドイツ語はABCのAも知らぬゼロ状態であった私です。

講座は月曜日の夕方5時からだったでしょうか、その「松野氏」は、「もし受講をお考えなら、 貴女が行く日に私が行って、担当の小笠原藤子先生に紹介しましょう」 とまで言ってくださったのです。あまりの親切な対応に、 当惑しつつも勇気づけられて出かけたその初受講の日が、私が松野義明さんにお目にかかった最初でした。 爾来、松野さんには数えきれない、たくさんのことを教えて頂きましたが、 その端緒は、即座の優しい返信メールとあのドイツ語教科書です。

その後、私の夫と仕事上の繋がりもわかって、共通の知人がいることも判明しました。 ドイツ語講座には、「入門クラス」「講読クラス」が誕生し、 私は始まってから暫くたった「講読クラス」に入りました。 ここでの松野さんは、その博識ぶりとユーモアで私たち受講生を魅了しました。 講義は文学にとどまらず、ウィーン生活で身についたドイツ人の考え方、 ご自身の専門の物理学から数学、哲学、文化人類学、また日本語に関して、と幅広く、 毎回、愉快に笑いながら知的好奇心を掻き立てられるものでした。

その後、「ドイツ語講座、講読クラス」は「読書会」に形を変えて、もっと幅広い方々に楽しんでいただけるようになりました。 思い返せば、松野義明氏と私は、10年と少しのお付き合いしかなかったのです。 しかしたった10年とは思えないほどの、思い出深い、懇切な温かいご指導でした。 そんな松野さんに、私はこれから何をもって報いたらよいか、今はただ途方にくれています。


秋のミニ・コンサート 10月2日(土) 開催  盛会のうちに無事終了

緊急事態宣言が終了していることを前提にして、ミニ・コンサートの開催を計画しています

日時 : 10月2日(土) 14:00〜 (開場 13:30)
会費 : 2,000円 申し込み(予約)の上、当日お払いください
       参加申し込み(予約)は会報に同封されている返信用はがき、
       もしくは、下記の申し込み(メール)から申し込んでください
会場 : 藤沢市民会館 第1集会展示ホール
       通常150席の収容人数ですが、50席で開催します
       なお、飲食物の提供は有りません

演奏曲目と演奏予定の皆さん
アルプス音楽 エーデルワイス・トリオ
 Auf der Autobahn 
 Akkordeon Akkordeon
 Alphorn
 Oberkrainer Slivowitz
 Hofbraeuhause-Rosamunde


エーデルワイス・トリオ

Piano 内海 祥子
 J.S.Bach : パルティータ第1番 変ロ長調 BWV825
 J.Brahms : 6つの小品から第2番 間奏曲
       イ長調 op.118-2


内海 祥子

Piano 高橋 愉紀
 F. Liszt : 愛の夢(Liebesträume)第3番 変イ長調
 F. Liszt : リゴレット・パラフレーズ
         (Rigoletto Paraphrase)


高橋 愉紀

湘南日独協会混声合唱団アムゼル (指揮)梶井 智子
 F. Schubert / F. Krummacher : Die Nacht(夜)
 F. Schubert / L. Rellstab : Serenade(小夜曲)
 F. Mendelssohn / H. Heine :
  歌の翼に (Auf Flugeln des Gesanges)


梶井 智子

古楽器紹介

中国の21弦琴 伊藤 志津子
「漁舟唱晩」古曲 "帰去来辞" をもとにした筝の名曲
   日暮れの時、豊漁で家路につく水面の小舟を
   流麗な五音音階の旋律で表現しています
「建昌月」湖に映る月。雲間に見え隠れする月。
   美しい夜景の様子。

「古筝」は秦の時代から弾かれていた筝で「秦筝」とも呼ばれます。 二千数百年の歴史を持つ中国の古典楽器です。弦の数や筝の大きさ、名前は時代によって様々です。 近代になって「古筝」と呼ばれるようになり、弦数は21弦が主流になっています。




アルプホルンとブサルタリー 鬼久保 洋治

プサルタリー(psaltery)は、木箱に24本のピアノ線を張った楽器で、ギリシャ語では、プサルテリオン(psalterion)と呼ばれます。 元々は「指で弾く」というギリシャ語 Psallein から派生した言葉でハープを指しています。 その後、ハンマーで叩くダルシマー、Cembalo等の鍵盤楽器に派生して行きます。



ブサルタリー

             
 ★参加の申し込みは、 こちらからメールでご連絡頂いても、受け付ける事が出来ます
  催し物の名称と開催日付は本文に予め記載してありますので、ご確認ください
  参加される方のお名前等を、メール本文に明記した上で、送信してください


 募集
 湘南日独協会 会員募集中

  湘南日独協会では、会員を募集しています
   入会申込書(PDF版)を、 こちらからダウンロード、印刷、ご記入の上、協会まで送付下さい
  もしくは
   入会申込書(Excel版)を、 こちらからダウンロードし、
   エクセルで開き「編集を有効にする」「コンテンツの有効化」にして、必要事項をご記入頂き、
   保存の上、 こちらから、協会宛のメールに添付し、送付下さい

 ドイツ語オンライン講座 2021年のご案内

   10月からのドイツ語講座は、「初級」「中級」「上級」の3クラスに
   「新聞講読」(中川)を加えた4講座です
   「初級、中級、上級」の3クラスは日本人講師とドイツ人講師が隔週で担当します
   「上級」は会話を中心にした講座です

   講座の内容、講師のご紹介など、詳しくはこちらをご覧下さい
   ご受講のお申込みをお待ちしています。

   なお、ドイツ文学の講読をご希望の方には、当協会「読書会」(下記)もあります

   ドイツ語担当:中村茂子
   詳しくは、ドイツ語担当中村茂子までお問合せください
   Eメールはこちらからご連絡ください。

 合唱団アムゼルの団員募集   歌う楽しみをご一緒に

 練習の休止についてのお知らせ
  首都圏の緊急事態宣言発令および神奈川県の蔓延防止等重点措置発令中に鑑み
  アムゼルの練習は当分のあいだお休みをいたします。
  会員の皆様のご理解をお願い申し上げます。
  練習再開の目処が立ちましたら、こちらで、ご連絡します。
                             (2021年05日12日 更新)

  アムゼルのページは、 こちらをご覧下さい
  これまでの演奏会、現在の練習の様子等を音源付きで見ること聴くことが出来ます。


練習は
 毎月第1と第3水曜日(第5も可能性あり)
 午後1時30分より3時30分
会場は
 鵠沼公民館
問合せ
 理事 水谷妙子(045-895-6845)

理事 大久保 明


 SAS:おしゃべりの部屋    当分の間、休止しています

 談話室SASとは?
  Schwätzerei(おしゃべり) Am(で) Stammtisch(常連客の席)、ドイツで広く知れ渡っている文化
  親睦を深める会。自由なトークと情報交換の場

  詳しくは、こちらをご覧下さい

ドイツ文学を原書で楽しむ会「読書会」 
むかし翻訳で読んだ懐かしいドイツ文学、 あるいはいつか原語で読んでみたいと思っているドイツ語圏の作家はいませんか。 湘南日独協会「読書会」は、そんな方々のための、ドイツ文学を原語で楽しむ会です。

外国文学を原語で読むのは、例えばいつも聴いているモーツアルトのピアノ曲の楽譜を見て、 自分で弾いてみるのに、少し似ています。あまり上手くいかなくても、作家の文章に直接ふれる喜びは、なかなかのものです。

ドイツ語文法を一通り勉強なさった方でしたら、どなたでもご参加いただけます。 忘れてしまった方も大丈夫。参加者が力を合わせて読み進めます。

現在、ヘルマン・ヘッセ『デミアン』に取り組んでいます。 途中からでも、ご参加いただけます。これまでのところを含めて、テキストはお送りします。 こんなものを読んでみたいというご希望、また参加へのご興味のある方は、どうぞお尋ねください。


読書会の日程表(PDF版)は、 こちらからダウンロードして、ご覧下さい (2021/09/10 更新)

 毎月 : 第1,3火曜 時間 : 15:00~17:00
 場所 : 藤沢商工会議所ミナパーク

 お問合せ:大久保 メールはこちらからご連絡ください


見て聴いて楽しむ音楽史

   第1回 Beethovenの音楽 何が凄いのか?[その1]   
終了
    取り上げる曲:Beethoven 第5番交響曲、その他、第6番等いろいろ etc.
    日時 : 2021年 6月 3日(木) 14:30-16:30
        配付資料は、 こちらから、ご覧頂けます

   第2回 Mozartの音楽 何が凄いのか?[その1]   
終了
    取り上げる曲:Mozartの作品
      Oboe協奏曲(K314)より第1楽章, FluteとHarp協奏曲(K299)より第2楽章
      Piano協奏曲第20番(K466)より第3楽章
      第40番交響曲、歌曲 Exsultate jubilate(K165)から など
    日時 : 2021年 7月1日(木) 14:30-16:30
        配付資料は、 こちらから、ご覧頂けます

   第3回 J.S.Bachの音楽 何が凄いのか?[その1]   
終了
    取り上げる曲:J.S.Bachの作品 (予定)
      Toccata und Fuge d-Moll BWV 565
      Brandenburg協奏曲集 第1〜5番 各第1楽章
      Kantate Nr.211 "Schweigt stille, plaudert nicht" 珈琲Cantata 抜粋
      Weihnachts-Oratorium, クリスマス・オラトリオ BWV 248 第1部
    日時 : 2021年10月7日(木) 14:30-16:30
        配付資料は、 こちらから、ご覧頂けます

   第4回 Beethovenの音楽[その2] 標題音楽   

    取り上げる曲:Beethovenの作品 (予定)
      第6番交響曲 F-Dur, op.68 "田園 Pastorale"
      Piano Sonata 第8番 c-Moll, op.13 "悲愴 Pathetique"より 他

    日時 : 2021年11月4日(木) 14:30-16:30
    会場 : 湘南アカデミア 7階

   第5回 Beethovenの第9番交響曲 合唱付き
    取り上げる曲:
      第9番交響曲 d-Moll, op.125 "合唱付き"他

    日時 : 2021年12月2日(木) 14:30-16:30
    会場 : 湘南アカデミア 7階

   詳しくは、 こちらをご覧下さい


 開催イベント

 ★催し物に参加を希望される場合は、必ず当方にご連絡を頂き、
  併せて、こちらから連絡を差し上げる連絡先をお預けください

 ★参加の申し込みは、 こちらからメールでご連絡頂いても、受け付ける事が出来ます
  参加される催し物を特定できる様に、催し物の名称と開催日付、参加される方のお名前を
  メール本文に明記した上で、送信してください

 詳しくは、こちらをご覧下さい
  湘南日独協会 催事カレンダー(2021年9月1日版)は、 こちらから、ご覧頂けます

  見て聴いて楽しむ音楽史 
   第3回 10月7日(木) 14:30-16:30 J.S.Bachの音楽 何が凄いのか?[その1] 終了
   第4回 11月4日(木) 14:30-16:30 Beethovenの音楽 [その2]標題音楽 
   第5回 12月2日(木) 14:30-16:30 Beethovenの第九番交響曲 

  秋のミニコンサート 終了
   10月2日(土)14:00 開演 (13:30 開場) 藤沢市民会館 第一集会展示ホール

  10月例会 
   10月31日(日)14:30-16:30 講演会 私の音楽修行について

  11月例会 
   11月28日(日)14:30-16:30 講演会 ドイツと日本の間で

 読書会:ドイツ文学を原語で楽しむ会
   
   詳しくは、 こちらをご覧下さい


 会員の皆様へ
投稿のお願い
会員の皆さんの日頃のご活躍を会報でお知らせしたいと思います。 演奏会・展覧会・発表会・講演会等の予定をお知らせ下さい。
会報は季刊、3月、6月、9月、12月の第2日曜日発行予定です。 前月の中旬までにメール・郵便のいずれでも結構です。お待ちしています。

皆様へ、ご協力お手伝いのお願い
季刊の会報Der Windの発送作業を、原則、季刊3月、6月、9月、12月の第2日曜日、午前10時から行っています。
お手伝い頂ける方は、ご連絡頂ければと思っています。

年会費について
これまでに、会費を振り込み頂いた方でお名前の記載がない方が居られます。会の方へご連絡いただきたくお願いします。



 これまでの掲載記事
   (寄稿など)


  会員掲示板(これまでのホームページ掲載記録 - ältere Nummern)
  劇場便り
  音楽の楽しみ方
  マインツから
  Deutsche Witze
  私とドイツ
  皆様から寄せられた岩崎先生への追悼文



 これまでの活動


  

 2008年 2009年
 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
 2015年 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
 2020年度 2021年度



 関連協会



 日独協会(JDG)

 〒160-0016 東京都新宿区信濃町18番地マヤ信濃町2番館
 受付時間:月〜金 10:00〜18:00
 TEL: 03-5368-2326 FAX: 03-5368-2065
 日独協会による  全国日独協会連合会一覧



 横浜日独協会(JDGY)

 〒247-0007 横浜市栄区小菅ケ谷1丁目2番1号
  地球市民かながわプラザ NPOなどのための事務室内
  (事務局:齊藤・能登)080-7807-7236 Mailはこちらから



 提携協会



 ワイマール独日協会

  Rainer-Maria-Rilke-Straße 10A, 99425 Weimar
   c/o : Peter Käckell
   E-mail : djg-weimar@t-online.de

湘南日独協会 開催行事の予定

 ★催し物に参加を希望される場合は、必ず当方にご連絡を頂き、
  併せて、こちらから連絡を差し上げる連絡先をお預けください

 ★参加の申し込みは、 こちらからメールでご連絡頂いても、受け付ける事が出来ます
  参加される催し物を特定できる様に、催し物の名称と開催日付、参加される方のお名前を
  メール本文に明記した上で、送信してください

  湘南日独協会 催事カレンダー(2021年9月1日版)は、 こちらから、ご覧頂けます

月例会

会場 湘南アカデミア 江ノ電第2ビル 7階
   藤沢市鵠沼石上 1-1-1 江ノ電第2ビル 7階
   TEL 0466-26-3028

会場 藤沢商工会館(ミナパーク)
   〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢 607-1
   0466-27-8888 (代表)


10月例会 私の音楽修行について  
      ―東洋人が西洋音楽をするということ―

日時 2021年 10月 31日(日) 14:30〜16:30
会場 湘南アカデミア 江ノ電第2ビル 7階
講師 高橋 愉紀 氏 湘南日独協会会員、ピアニスト
概要 講師が36年間のヨーロッパ生活の中から、ご自身の豊富な体験を通してつかみとった 西洋音楽の研鑽について、電子ピアノの演奏を交えつつ、語って頂きます。音楽学生生活、 外国からの留学生の学びの姿勢、日本との生活慣習の違いから学び取った西洋人の考え方、 日常生活とその中でのハプニング、子供の教育を通して感じたこと等々、 海外経験のある方にも無い方にも、役に立つ、興味ある話題満載の、且つミニ・コンサートとも言える2時間です。

会費 1,000円

懇親会 会場 未定

第4回 見て聴いて楽しむ音楽史  
      Beethovenの音楽 [その2] 標題音楽

日時 2021年11月 4日(木) 14:30〜16:30
会場 湘南アカデミア 江ノ電第2ビル 7階
講師 高橋 善彦 氏 湘南日独協会会員、指揮者
概要 Beethovenの標題音楽について
    第6番交響曲 F-Dur, op.68 "田園 Pastorale"
    Piano Sonata 第8番 c-Moll, op.13 "悲愴 Pathetique"より 他
    変更の可能性もあります

会費 1,000円

懇親会 会場 未定

11月例会 ドイツと日本の間で  

日時 2021年 11月 28日(日) 14:30〜16:30
会場 湘南アカデミア 江ノ電第2ビル 7階
講師 西山 忠壬氏 湘南日独協会会員
概要 第三高等学校などで、ドイツ語を教えていたドイツ人を母方の祖父に持ち、永年
   ドイツ系企業の経営にあたり、同時に両国の文化交流に日独協会を中心に活動、
   そして、大好きな日本酒の世界での広報に活動など多彩なお話です。

会費 1,000円

懇親会 会場 未定

第5回 見て聴いて楽しむ音楽史  
      Beethovenの第九番交響曲 合唱付き交響曲

日時 2021年12月 2日(木) 14:30〜16:30
会場 湘南アカデミア 江ノ電第2ビル 7階
講師 高橋 善彦 氏 湘南日独協会会員、指揮者
概要 Beethovenの第九番交響曲 合唱付き交響曲について
    第9番交響曲 d-Moll, op.125 "合唱付き"
    他の曲も少しだけ

会費 1,000円

懇親会 会場 未定


読書会

  ドイツ文学を原語で楽しむ会
   詳しくは、 こちらをご覧下さい

会費 1,000円
会場 ミナパーク 5階, 3階

    読書会の予定など、変更がある場合には、こちらでお知らせします
    読書会の日程表(PDF版)は、 こちらからダウンロードして、ご覧下さい (2021/09/10 更新)

談話室SAS

会費 1,000円

談話室SASについてのご紹介は、
こちらをご覧下さい


   当分の間、休会します

 寄稿
     ドイツの外交政策 2019年実施のアンケート調査結果(その2) (田中 満穂)
     見て聴いて楽しむ音楽史 第1回, 第2回に参加して (野秋 知江)
     クラシック音楽の楽しみ方 第11回 (高橋 善彦)
     劇場便り その26 (志賀 トニオ)


ドイツの外交政策
ハンブルクケルバー財団が行った2019年実施のアンケート調査結果から一部報告(その2)

田中 満穂

前回21年3月14日発行のDer Windに寄せた報告の続きです。
2021年の今となっては世界情勢も大分変ってきている可能性がありますが、この調査結果は現在の傾向をも表しつつある気がしますのでご紹介します。

「ドイツは将来これらの国とは多かれ少なかれ一緒にやって行くべきか?」
  赤線2019年/黒線2018年調査結果
  フランス:77%/82%
  日本:69%/18年度結果なし
  ロシア:66%/69%
  中国:60%/67%
  英国:51%/55%
  USA:50%/41%


この結果はすでにドイツでも中国に対する一定の脅威の反映かと思わせます。

「多くの人がEUの統合が現在危険にさらされているとみているが、その責任は誰にあるか?」
  加盟国の大衆迎合的な政府:37%
  EUと大衆迎合的な政府の双方:9%
  EU自身:33%
  その他:13%
  分からない8%、無回答2% (複数回答許可?)



「EUはBrexit交渉でもっと英国に歩み寄るべきだったか?」
  むしろノー:29%
  全くもってノー:51%
  イエス、全くそうすべきだった:7%
  むしろそうすべきだった:8%
  分からない4%、無回答1%



「温暖化対策についてドイツはEUでは積極的に推進すべきか、逆にブレーキ役を演ずるべきか?」
  どちらもすべきでない:7%
  どちらもすべき:5%
  ブレーキ役になるべき:36%
  推進派になるべき:48%
  分からない3%、無回答1%

「ドイツの安全保障は現在、所謂、アメリカの核の傘に担保されている。ドイツは今後どうすべきか?」
  US核傘に将来も頼るべき:22%
  仏・英国の核防御に頼るべき:40%
  独自の核戦力開発を行うべき:7%
  核による安全保障は放棄すべき:31%
  分からない7%、無回答1% (複数回答許可?)



「防衛費についてどうすべきか?ドイツ側」
  赤線2019年/黒線2018年結果
  更に増やすべき:40%/43%
  減らすべき:15%/14%
  現在レベル維持:41%/40%
  分からない3%、無回答1%(2019年)
  分からない2%、無回答1%(2018年)


「同じ質問、アメリカ側」
  赤線2019年/黒線2018年
  更に増やすべき:35%/39%
  減らすべき:9%/11%
  現在のレベル維持:50%/46%
  分からない・無回答6%(2019年)
  分からない・無回答5%(2018年)


「35000人の兵力を有するドイツ国内にあるアメリカの基地は祖国の安全にとってどのくらい重要か?
ドイツ側」
  非常に重要:15%
  重要:37%
  それほど重要ではない:30%
  全く重要ではない:15%
  分からない3%(2019年)

「同じ質問、アメリカ側」
  非常に重要:56%
  重要:29%
  それほど重要ではない:8%
  全く重要ではない:5%
  分からない/無回答2%(2019年)

「ロシアについてドイツにとってより重要なことは?」
  上段2019年/下段2018年
  対米との緊密な関係:39%/38%
  米露同等の緊密関係:30%/20%
  ロシアとのより緊密な関係:25%/32%
  分からない5%、無回答1%(2019年)

「増大する中国の国際的影響をどう評価するか?」
  赤線2019年/黒線2018年
  積極評価する:9%/11%
  評価しない:46%/42%
  中間的意見:42%/46%
  分からない2%、無回答1%(2019年)
  分からない1%(2018年)

「強い経済的発展と専横的政治指導を伴う国家管理資本主義の中国国家モデルをどう評価するか?」
  むしろ評価しない:44%
  全く評価しない:43%
  非常に評価する:0%
  むしろ評価する:9%
  分からない3%、無回答1%(2019年)

「中国問題に関し、ドイツにとって何が重要か?」
  中国と緊密な関係を保つこと:24%
  米中双方と同等の関係を保つこと:18%
  米国と緊密な関係を持つこと:50%
  分からない6%、無回答2%(2019年)

2019年の調査ではありますが、この状況は現在ではさらに顕在化しているものと思われます。 対中国感については、日本に勝るとも劣らない経済関係を中国と築いて来ているドイツですが、 日本より案外客観的な、冷徹な見方をしているのではないかと感じました。


見て聴いて楽しむ音楽史 第1回, 第2回に参加して

会員 野秋 知江


ドイツのオペラハウスにて著者

新型コロナ感染症が、人々の行動を制限し、繋がりを分断しようとしている中、 湘南日独協会の新企画「見て聴いて楽しむ音楽史」は、どんなお話が聞けるのか、 楽しみに、その日の来るのを待ちました。

第一回 ベートーベン
ベートーベンの「運命」のメロディの如く、大きな衝撃と感動の講座となりました。

高橋先生は、音楽の歴史、形式、ベートーベンの音楽構造を冷静に説明される一方、 音楽への情熱、ベートーベンへの熱い想いを語られ、一気に引き込まれるものとなりました。
途中、10分の休憩が5分となり、短くした時間すら、お話は途切れず、結局、休みなし状態でした。

ベートーベンの凄さ その1 変奏の名手
変奏する為には「原型」(音楽では「モティフ」)が大切で、ベートーベンは、 それを極めて簡潔に作り、変奏して曲の至る所に散りばめ、完成している。 凡人が作ったら「しつこい」「飽きる」と言われそうですが、そこは、天才ベートーベン、 そうは言わせない。凄い!ベートーベン!!

ベートーベンの凄さ その2 和声の使い方
和声(ハーモニー)は、音楽に様々な表情を与える「縁の下の力持ち」 ここが、しっかりしていれば、メロディは、なんでも大丈夫だそうで、 和声の使い方には、強い執着が見られるそうです。 うわべだけで、ごまかされてはいけないらしい…気をつけます、ベートーベン様

ベートーベンの凄さ その3 管楽器を独立的に採用
ベートーベンと言えば「苦虫を噛み潰したような表情で寡黙な偏屈者」というイメージを持っていましたが、 意外にも多くの友人がいたようで、彼らから様々な情報や刺激を受けていたのだそうです。 ベートーベン本来の「新しもの好き」も重なり、彼の音楽は進化を遂げたようです。

巧みな弦楽器の使い方に加え、斬新に管楽器を取り入れ、 打楽器にまでメロディを奏でさせた…Super♥
ベートーベンがこのような事をするのを女神ミューズは知っていたのでしょうか?
ベートーベンの凄さを楽譜や演奏の様子をスクリーンで見て聴きながら、あっという間の2時間でした。

第二回 モーツァルト
モーツァルトの音楽の特徴は、透明感・均整・新鮮さで、簡潔な譜面で書かれているそうです。 どの名曲も、優美で繊細。聞いていると心地良い。気持ちが穏やかになり、ややもすると眠りの世界へ引き込まれる? 聞いた話ですが、モーツァルトの音楽を流して農作物を育て、良い収穫が得られたとか。 人間のみならず、植物にも良い影響を与えるモーツァルト。驚きです。 彼の作品は、長調が多く、聴衆の気持ちを明るくしてくれます。 「モーツァルトらしさ」は、長調の速い曲に現れ「聴くと直ぐに彼の音楽と判る」という体験を、 皆さん、お持ちなのではないでしょうか?

長調の作品の多い理由は「本人の好み」が最有力要因のようです。 もし、今、生きていらしたなら、お会いしたいです。宴となったら、いや、ならなくとも、楽しく盛り上がるのでしょうか? 彼は、バロック音楽の伝統を大切にした事、旅した各地の音楽様式から最適なものを簡潔に音楽にした事、 また、不協和音(半音階的和声)の曲も作った…など、普段、知り得ない興味深いお話が満載でした。

ところで、ある小学生に「モーツァルトとベートーベン、どっちが年上?」と質問してみると、 すかさず「モーツァルト!」と答えが返ってきました。 その答えの原因は、よく見かける“肖像画“にあるようでした。 少年のように若々しいモーツァルト、それに比して、口を一文字に眼光鋭いベートーベン。 小学生の答えは、ある意味、説得力は、あったのですが…


クラシック音楽の楽しみ方  第11回

会員 高橋 善彦

前回に引き続き歌の話(その2)です。

Girolamo Frescobaldiは、1608年からバチカンの聖Pietro大聖堂のOrganistを務めています。 Frescobaldiはフランス、オランダ、イタリアの伝統を、まだ開拓が進んでいない器楽曲に取り入れ発展させます。

     

特に鍵盤用の曲集は17世紀の音楽に影響を与えています。 歌詞を持たない器楽曲には、音の長さの目安が無いため、楽譜には音の長さを示す、 現在の記譜法に近い定量記譜法を採用し、Frescobaldiの曲集と共に普及しています。 後のJ.S.BachやHenry Purcellなど多くの作曲家が影響を受けています。

器楽曲が充実することで、声楽曲の表現力は広がります。17世紀のイタリアの作曲家、 Giacomo Carissimi はOratorio(演技、大道具、衣装の無い宗教的Opera)を開拓し、 Operaを含めた声楽曲の器楽伴奏に多様な音楽を与えています。 Arcangelo Corelli, Giuseppe Torelli, Antonio Vivaldi, Francesco Manfrediniらは 多くの協奏曲を含む器楽曲の名作を残しています。 そして、VivaldiとManfrediniの教会音楽OratorioやOperaの充実した作品を残しています。

ナポリ楽派
17〜18世紀に Napoli を中心にして、Operaの形式を整えた楽派です。 Alessandro Scarlatti, Pergolesi, Domenico Scarlatti, Domenico Cimarosaらが時代の音楽を牽引しています。 大都市Napoliでは、1700年頃から歌劇場が次々に建設されています。ナポリ派は、Recitativoで物語を進め、 Da capo Ariaで登場人物の感情を表現し、序曲に急-緩-急のSinfoniaを使うイタリアOpera SeriaとBuffaの様式を確定しています。 また、当時のカストラート(Castrato)のほとんどは Napoli で訓練を受けています。

Castrato
「教会内で女性は沈黙を守るべし」とされたため、 教会音楽や教会での演劇を女声で歌うことが許されなかった為、 1550年頃のローマから歌の才能を持った去勢した男性がCastratoとして活動しはじめます。 1650年頃からOperaにも進出します。1878年になって、ローマ教皇Leo 13世が人道的見地からCastratoを禁止し、 教会の中でSopranoは少年に戻っています。 Opera劇場でもCastratoが歌う理由は、息の長さ、音域の広さ、音色の魅力からです。 HandelのOmbra mai fu やMozartのExsultate, Jubilate 等の名曲も残っています。

Da capo Ariaと即興変奏
Da capo Ariaは名前の通り、Da capo (曲の冒頭に戻る) 構造で作られたアリアです。 音楽[A]が出て、雰囲気の違う音楽[B]が出て、再び最初の音楽[A]を演奏して終わる3部形式です。

この繰り返し演奏する2回目の音楽[A]で、歌手は1回目から変化、即興で装飾し変奏して歌います。 独唱歌手の声質、技量を示す絶好の機会として発展します。

北ドイツへの波及-1 17世紀前半
Venezia楽派創立のAdrian Willaertよりフランドル楽派で1世代後輩で末期のJan P.SweelinckはAmsterdamで、 北ドイツOrgan楽派の音楽家Samuel Scheidt達多くの作曲家を指導しています。

ドイツ音楽の父 Heinrich Schutzは、Hessen-Kassel方伯Moritz公に才能を見出され支援を得て、 24歳の時1609年から4年間、Veneziaの聖Marco大聖堂のGiovanni Gabrieliに師事します。 SchutzはMadrigal集第1集を完成し、Gabrieliの臨終に立ち会い帰国します。

Dresden宮廷の楽長のMichael Praetoriusは、ルター派独特のコラール音楽を多彩なものに発展させます。 PraetoriusはVeneziaの音楽を熟知し、Dresden宮廷で複合唱様式によるイタリア音楽を演奏し、 教会協奏曲の様式を整えます。Praetoriusと共にDresden宮廷に関わっていたSchutzは、Praetorius が亡くなった1621年以降、 楽長を勤めます。1620年代後半、30年戦争の悪化によりDresdenでの音楽活動を中断し、 1628年に再びVeneziaのMonteverdiに1年以上師事します。帰国後のSchutzは多くのイタリア様式の曲集を出版しています。

フランス Opera
フランスでは17世紀前半まで宮廷バレエや宮廷歌曲(Lute伴奏の世俗歌曲)など独自の音楽文化がありました。

Firenze出身のJean-Baptiste Lullyは、Louis 14世に気に入られ国王付き器楽曲作曲家、踊り手として王に仕えます。 1660年、Louis 14世の結婚の祝祭にイタリアからFrancesco Cavalliが訪れ、Operaを作曲上演します。 これに刺激を受けたLouis 14世はLullyに、フランス独自のOperaを作るように求め、任せます。

     

Lullyは、音楽悲劇というフランスOperaのわかりやすい形式を確立します。 フランス風のRécitatif:主人公がAriaで心情を表現し、 続くRecitativoに短いAriaを織り交ぜながら物語を進めます。 フランス語の独特な抑揚に合わせ、短いAriaを挟み心情を繊細に表現します。 AriaはイタリアOperaとは異なり、Da capo Ariaは使いません。 各幕はdivertissement (フランス語のdiversion (娯楽)からの言葉で音楽の"Divertiment"と同意)で終わります。 これがフランスBaroque Operaの特徴です。 舞踏を好む聴衆のために、大規模な合唱や舞踏を盛り込みます。 フランスの聴衆は他の欧州で人気のCastratoを好まず、カウンターテナーが歌います。

興味深いことに、当時のイタリアOperaは、LullyのOperaの展開に注目し、 多様な声楽を見習い取り入れ以降のOperaの声楽構成が変化しています。 ドイツの各地の宮廷がLullyの音楽、フランス音楽を輸入し、その後の作曲家に影響を与えています。 Operaや教会音楽で使われる声楽曲は、Soloだけでなく、Duo, Trio, Quartettoなどの重唱と合唱が多様な声楽様式に発展します。 一方、フランスのOperaはイタリア風とLullyのフランス風の両方を発展させ多様化していきます。 そして、Lullyから約50年後、Jean-Philippe RameauがフランスのOperaに斬新な風を吹き込みます。

北ドイツOrgan楽派-2 17世紀後半
Dieterich BuxtehudeはDenmark(現在はSweden)のHelsingborg出身で、Helsingborg, HelsingorとLübeckの教会でOrganistを務め、 Pedal使いに特徴のあるOrgan曲、器楽曲の他に135曲の声楽曲を残しています。 教会用のCantata, Oratorioなど声楽曲をテキストの内容に沿って、イタリアのConcertato様式や、 装飾を持ったChorale様式など、音楽の様式を切り替えています。

北の街、Schwabstedt出身のNicolaus Bruhnsも、32年の短い生涯の中で、4つのOrgan曲の他に12曲の教会Cantataを、多様な様式で残しています。

ドイツへの波及 17世紀〜18世紀
ドイツの音楽は、16世紀までのMinnesängerからMeistersinger芸術の伝統があります。 中南部ドイツのFroberger, Georg Muffat, Johann Pachelbel等の作曲家は国際派で、 旅をしてイタリアやフランスの音楽の様式を取り入れています。 18世紀のTelemann, J.S.Bach, Handelの時期も、ほぼ例外なく、イタリアのFrescobaldiやフランスのLullyの音楽を学んでいます。

Telemannは1,750曲の教会Cantata, 6曲のミサ曲, 23曲の詩篇, 40曲以上の受難曲, 6曲のOratorioとMotet、 散逸していますが約50曲のOperaを残しています。 この宗教曲の多さはTelemannがHamburgにある5つのルター派教会のKantor「も」兼任していた忙しさを現しています。 J.S.Bachは200曲の教会Cantata, 24曲の世俗Cantata, 14曲のミサ曲, 3曲の受難曲, 9曲のOratorioとMotetと6曲の歌曲を残しています。 BachがLeipzigで兼任していた教会は3つです。それでも曲数は多いです。 Händel は101曲のCantata, 28曲のOratorio, 42曲のOpera, 100曲を越える歌曲を残しています。英国が中心ですが多作です。

多数の作品に加え、Telemannは音楽理論書を残し、J.S.Bachは晩期に集大成的な作品を残し、 譜面の力を借りて18世紀のGluck, Mozartらに確実に引き継ぎがれます。 そして、欧州各国間で声楽の名作は盛んに交流します。

Giuseppe Verdiはイタリアの伝統を引き継ぎ、敬愛していたRossiniの影響を受けています。 台詞を重視したOperaを目指し、名作を多く残しています。 明確な方向性に従い、舞踏を入れたがるParisを敬遠し、ドイツ音楽をライバル視していたようです。 が、同じ歳のR.Wagnerの訃報を受け、同じ時代に音楽を開拓した同志が居なくなったことを心から悲しんだそうです。

★Operaや教会音楽の詳細な話は、機会を改めて!


劇場便り その26

これまでの劇場だよりは、こちら からご覧頂けます

ブレーマーハーフェン 志賀 トニオ 氏


劇場


オーストリアでの夏休み

ドイツの8月は秋の始まり、そして劇場の新シーズンの始まりです。 ここブレーマーハーフェン歌劇場でも8月23日に仕事が始まりました。 今回は特に総支配人が入れ替わり変化の大きいスタートとなりました。 ドイツの劇場に於いて総支配人が替わるという事は大変大きな意味合いがあります。 総支配人はその名の通り劇場のボスでありますから、劇場のさらなる発展を導く為に、 ありとあらゆるアイデアを結集していくのですが、その一つが新しい人員を連れてくる事。 ドイツの劇場では総支配人が替わると、可能な限りの契約を解除して、 代わりに新しい人を連れてくる事が頻繁に行われています。 もっと分かりやすく言うなら、それまでいた歌手、バレエダンサー、指揮者など、 所謂ソロ契約の人達をすべてクビにして 新シーズンから総入れ替えにする事が普通にドイツ中の劇場で起こっているのです。 幸いブレーマーハーフェン歌劇場の新しい支配人はソフトランディングを選択し、 総入れ替えにはなりませんでしたが、それでも30人程が入れ替わりました。 先日の仕事始めの挨拶ではその新規契約者が紹介されていました。 これだけ人が替われば、劇場の雰囲気というものも変わってきますし、 私も新しい上司の下で良い仕事をしていかなければなりません。

そしてもう一つの注目は相変わらずCOVIT-19(コロナ)の対応です。 ドイツでは国民の70%以上が2回のワクチン接種を終えましたが、 今現在感染者が急増しており、今後の対応が議論されている所です。 劇場でもまだルール作りが進行している段階で、仕事の現場でも色々な問題が生じています。 我々オペラ部門は現在Offenbach(オッフェンバック)作曲のHofmanns Erzalungen(ホフマン物語)の稽古をしているのですが、 未だに合唱部分の稽古をしていません。彼等は舞台に立っても良いのか、 良いなら歌手の間隔を空けるのか、駄目なら舞台袖で歌うのか、もしくは合唱部分をカットするのか。

ワクチン接種の有無の問題もあります。 ソロ歌手に関しては昨日からワクチン接種をしていれば間隔を空ける必要がなくなりました。 つまり、今までは演者の間隔をルールに沿って空けるように稽古していたのですが、 昨日からは抱き合う事も、キスシーンもできるようになったのです! これは画期的な改善ではありますが、その一方で演出自体を変更しなければなりません。 そして今大きな問題になっているのが、合唱団とオーケストラの扱いです。 仮にそれぞれの団員全員がワクチン接種を終えていれば、合唱は舞台に間隔を空けずに立ち、 オーケストラはフルでピットに入れます。 しかし、中にはワクチン接種をしていない団員もいます。 そして、ドイツには守秘義務があり、ワクチン接種の有無を聞く事が禁止されているのです。 これは病気にも適用されているルールで、病欠した時にも病気の内容を申告する義務はありません。 それからワクチン接種を終えた人は今まで義務付けられていた週2回の抗原検査が免除されました。 ただ希望すれば今までと変わらず劇場から無料で検査キットをもらう事はできます。 先シーズンの終盤にはこの抗原検査で大事件が発生しました。 その頃は上記のホフマン物語の稽古をしていたのですが、コロナの感染者が急激に減少し、 ブレーマーハーフェンでは感染者数が0の日が続くようになっていました。 それまで10数年いた総支配人が劇場を去る事もあり、数日に分けて送別会が催されました。 私も2回参加したのですが、1番最後の送別会は、たまたまその日は夜に仕事がなかったので、 雨天であった事もあり参加しませんでした。 そうしましたら、次の日に劇場から電話があり、送別会への参加を確認されました。 そう、なんとその日の朝、送別会に参加した1人が抗原検査で陽性だったのです! その送別会は最後であったので参加者も多く、雨天であったのでレストラン内で密集状態になったため、 参加者は全員濃厚接触者となってしまったのです。 そして抗原検査は疑陽性になる可能性があるので、その後のPCR検査の結果を待つ事に。 劇場のシーズンは残り3日で、まだ稽古の予定が入っていました。 ホフマン物語にはゲストの歌手も参加しており、彼らは送別会に参加していなかったので、 当面私とゲストの歌手だけで稽古する事になりました。 指揮者もいなくなり、全ての稽古を一人で任されて最後の数日だけ大忙し!そして2日後、 ようやくPCR検査の結果が。なんと陰性!


Copyright (c) 2021- 湘南日独協会 - All Rights Reserved.